カテゴリ:-----イエローストーン( 3 )   

イエローストーン旅行記③~最終日:ガイザーカントリー   

July.13

11日目
本日最終日はガイザーカントリーを巡ります。

宿泊先のグランドビレッジから、そちらへ向かう道中で見られるのが
アイザレイク(Isa Lake)
f0228053_84725100.jpgf0228053_8573872.jpg

コウホネに覆われたこの湖は大陸分水嶺をまたいでいて、春には雪解け水が東西へ同時に流れ出します。

f0228053_8554184.jpg一方は、
ファイアーホール川ミズーリ川ミシシッピ川メキシコ湾
他方は、
スネーク川コロンビア川 太平洋 へと流れていきます。




f0228053_11205781.jpg

そして、ガイザーカントリーに到着。
まずは、ビジターセンターにて各間欠泉の噴出予定時間を確認した後、メインのアッパーガイザーベイスンの間欠泉や温泉をひと回りしてみます。

地図上をクリックすると少し大きくなります⇒


オールドフェイスフルガイザー (Old Faithful Geyser)
イエローストーンの顔とも言うべき間欠泉。
噴出間隔は65~92分、高さは30~55m、噴出時間は1分半~5分くらいと言われています。
f0228053_1152101.jpg
f0228053_11594618.jpg




リバーサイドガイザー(Riverside Geysers)
時間的に次に噴出しそうな間欠泉だったため急ぎ足でここまで移動したものの中々噴出せず、結局1時間待ち。。。
噴出予定時刻は間欠泉によって相当前後するため、待つ事や見逃してしまう事も覚悟なのです。。
f0228053_12271757.jpg

噴出前はこんなにのどかな川べりですが、、、

噴出後は、、、
f0228053_12453664.jpg
まっしろ005.gif

噴出間隔約6時間、噴出時間約20分と見ごたえたっぷりです。


f0228053_5554675.jpg

キャッスルガイザー (Castle Geyser)
イエローストーン内、最古とされている城の形をした間欠泉。


モーニンググローリープール(Morning Glory Pool)f0228053_6323555.jpg
かつて観光客が投げ込んだコインや石によって地底の口がふさがれ温度が下がり、黄色系の異なるバクテリアが住む事が出来るようになりできた自然のグラデーション。
中央部分はバクテリアが住めないほどの高温のため美しい青色になっています。
これがこの「朝顔」のようなプールを作り上げてしまったそうです。



グロットガイザー (Grotto Geyser)f0228053_6283912.jpg


沈殿物が木を埋めてしまって洞穴のような形が出来たそう。



ジャイアントガイザー(Giant Geyser)f0228053_6523189.jpg

地区最大の噴出の高さ約55~80mを誇る。



ビューティープール(Beauty Pool)f0228053_6593252.jpg

こちらの色も、バクテリアと藻が関係しているそうです。

そのお隣にあるのが、
クロマティックプール(Chromatic Pool)f0228053_771195.jpg

こちらも中心への色のコントラストが見事。



ハートスプリング(Heart Spring)f0228053_7155151.jpg

その名の通りハートの形をしたかわいい小さい池053.gif



こんな気持ちの良い天候の中、トレイルを歩きながらたくさんの間欠泉や温泉を見る事が出来ます。
f0228053_7205786.jpg




そしてランチをオールドフェイスフルロッジ内のカフェテリアでとった後、車で向かったのが、
ミッドウェイガイザーベイスン (MidWay Geyser Basin)
アッパーガイザーベイスンをずっと北上した所に位置します。f0228053_14512895.jpg
ボードウォークに沿って4つの見所(温泉プールや間欠泉)を回る事が出来ます。


その中でも一番の見所が、
グランドプリズマティックスプリング(Grand Prismatic Spring)
f0228053_503674.jpg
f0228053_5114282.jpg直径113mという園内最大の温泉。
真中のエメラルドブルーの温泉とその周りを囲むバクテリアのオレンジが見事。
しかし非常に温泉からたちこめる湯気が凄いため、全貌を眺める事が出来るのは至難の業のよう。
当日は風も強くボードウォークから吹き飛ばされそうになりながらの見学でしたが、それでもこのコントラストが素晴らしく離れがたい温泉でした。


エクセルシオールガイザー(Excelsiar Geyser)f0228053_5174427.jpg

こちらは1880年代に出来たクレーター状の間欠泉で、1985年にも47時間に及ぶ大噴出があったそう。
次の噴出がいつかは予想できないようです。


f0228053_5354975.jpg
モクモクと湯けむりを上げるエクセルシオールガイザーからの温泉は、ファイアホール川に注がれていきます。



次に車で向かったのがブラックサンドベイスン(Black Sand Basin)
f0228053_695135.jpg

他に比べると規模は小さい温泉地帯ですが、人気のエリアです。


エメラルドプール(Emerald Pool)f0228053_6361982.jpg

サンセットレイク(Sunset Lake)f0228053_6444234.jpg





そして約3日間のイエローストーンでの思い出を胸に、再びジャクソンホールの町へ戻り
今晩はこの西部劇から飛び出て来たような町に宿泊。
夕飯はカウボーイバーのレストランにて。
f0228053_71512.jpg

f0228053_7104761.jpg
f0228053_711697.jpg

バーカウンターの椅子はなんとロデオ!!
座り心地もよく雰囲気満点でした006.gif


明日は空路セドナへ。ボルテックスを巡っていきます058.gif
[PR]

by jasne-ny | 2010-09-22 22:50 | -----イエローストーン

イエローストーン旅行記②~ロウアーループ   

July.12

10日目
ロッジで簡単な朝食をとったあとは、キャニオンカントリーを巡りました。

キャニオンカントリーはイエローストーンのグランドキャニオンと言われているそうで、それはそれは凄い迫力のある大渓谷です。
2つの滝(アッパー滝&ロウアー滝)があり、滝のすぐ近くまでいけるトレイルもあり間近と遠目の両方から素晴らしい滝と渓谷を見る事が出来ます。

足元から滝壺へと落下してゆくロウアー滝
f0228053_8203491.jpg


滝の下流は両側をキャニオンの絶景に囲まれています。
f0228053_8212355.jpg


ルックアウトポイント (Lookout Point)
ロウアー滝が最もよく見えるポイント。
f0228053_954026.jpg


レッドロックポイント(Red Rock Point)
ルックアウトポイント脇から出るトレイルをおりた所にあって、間近でロウアー滝を感じる事が出来る。
f0228053_100929.jpg


インスピレーションポイント(Inspiration Point)ロウアー滝を遥か遠くに、キャニオン全体の風景を眺める事が出来ます。
f0228053_1061320.jpg


アンクルトムズ・トレイル(UncleTom's Trail)
ロウアー滝の滝壺近くまで行けるトレイル。傾斜がきつく長い階段が続く体力的には結構しんどいトレイルですが、ロウアー滝の醍醐味を間近で味わえます。
f0228053_10271355.jpg




f0228053_1034494.jpg
またまた、至近距離にエルクさん!!

f0228053_10424211.jpg
草原を走るこの子は、コヨーテ???





そして、キャニオンからレイクカントリーへ向かう途中で見られるのが、
マッドボルケーノ(Mud Volcano)
f0228053_6342173.jpg

名前のごとく、泥沼からボコボコとねずみ色の熱水と泥が吹き出ています。



f0228053_6411427.jpg

こちらは約1Kmのトレイルがあり,
とにかく泥沼ばかりが続きますが、これが結構興味深い!

f0228053_6541594.jpg
Dragon's Mouth Spring熱水と湯気が吹きあがっている様子は、まるでドラゴンの口のよう??



お昼はイエローストーン湖畔にある素敵なレイクホテルにて。。
f0228053_71535.jpg
3種のハンバーガーは、エルクやバッファローのお肉。


そしてイエローストーンレイクを少々南下した所にあるのが
ウエストサムガイザー(West Thumb Geyser Basin)
f0228053_7542522.jpg
湖を手のひらに例えると、丁度親指の部分に当たる事からこの名がついたそう。
こちらも1Km弱のトレイルがあります。
この辺り一帯の温泉は地震のたびに位置を変えているとか。。

f0228053_895821.jpg

Bluebell Pool

f0228053_8103318.jpg

Big Cone

f0228053_8111335.jpg

Black Pool

f0228053_8112980.jpg





そして、本日最後に向かったのがガイザーカントリー(Geyser Country)
イエローストーンで最も人気の場所で、アッパーガイザーベイスンというエリアを中心に多くの間欠泉や温泉地帯を見る事が出来ます。

その中でも一番人気のガイザーのみ本日最後に見学。f0228053_741069.jpg

オールドフェイスフルガイザー


デッカイ!!



明日はまたここからのスタートという事で。。。



イエローストーン内での最後の夕食は、宿泊先のビレッジにて。
f0228053_7431490.jpg
外を鹿たちが走っていました005.gif


明日はいよいよイエローストーン最終観光日です。
[PR]

by jasne-ny | 2010-09-21 07:24 | -----イエローストーン

イエローストーン旅行記①~ルーズベルト&マンモスカントリー   

July.11

9日目  イエローストーン観光の初日。

イエローストーン国立公園周辺は、1800年代当初から調査、探検が始まり、
そこにある大自然の美しさと野生の動植物を保護し、永い世代に渡って多くの人々が楽しみその恩恵に預かれるようにと米国国会が国立公園法を制定。
そして1872年、イエローストーンは世界最初の国立公園となりました。

四国の約半分の面積をもち、80%が森林、15%が草原、5%が湖や川で、この中に1万を超える温泉、100余りの滝、そしてたくさんの種類の動植物が生息しています。
f0228053_9164339.gif
公園内は8の字型に周遊道路があり、このループ沿いに見所を見て回ることになります。
f0228053_5312813.gif

また、公園内は右のような5つの地域に分ける事も出来ます。



そして本日は8の字ループの上側、アッパーループを見て回ります。

宿泊先のキャニオンビレッジからまずルーズベルト方面へ。

この道中でまたまた停車中の車を発見!

f0228053_5405581.jpg

めちゃめちゃ遠く~の草原を
グリズリーベアの親子が、走ってるらしい~??
正直いって肉眼では全く見えませんし追えません。。。
朝から張っているおじさまの大きな双眼鏡で見せて頂き、確認いたしました!
035.gif035.gif


この辺りの周遊道路の周りは広大な草原が広がり、野生動物との遭遇もおおいそうです。


f0228053_674235.jpgf0228053_6455773.jpg
という事で、すこしばかりこのトレイルを歩いてみる事に。


f0228053_6231282.jpg
なだらかながら、若干傾斜のある道のため息も上がり、、、

f0228053_620512.jpg
こんな立て看板をみて、若干尻込みしつつも、、、
皆で行けば恐くない!とその辺りにいた数組の方々と一緒に
運命を共にする事に!051.gif


と言いながらもクマには遭遇する事もなく、結局は素敵な野生の植物見学会となりました!
f0228053_6391820.jpg




                    そして、最初の目的地のはずであった
タワー滝 (Tower Fall) に到着。f0228053_7235043.jpg

このルーズベルトカントリー地区で最も印象的な存在なのがこの滝です。
40mの高さから滝壺へと落下していくこのタワーフォールは、滝壺へのトレッキングも出来るそうですよ。




次の目的地、マンモスカントリー地区へ。
まずはホテル横にあるレストランでしっかりランチ.。
f0228053_104654.jpg
この日はサッカーW杯決勝で小さなテレビ前に大勢の人が集まっていましたが、そのテレビを双眼鏡やカメラのズーム機能を使って見ている人たちがたくさんいて、「こういう使い方もあるのか~」と感心してしまいました(笑)045.gif


f0228053_1245794.jpg
マンモスホットプリングスを中心にしたこのエリアにあるテラスマウンテンは、流れ出る温泉に含まれる石灰分が蓄積され、それが幾重にも重なって巨大なデコレーションケーキ状の温泉段丘となっています。


ミネルバテラス(Minerva Terrace)
f0228053_139126.jpg

パレットスプリング(Palette Spring)
f0228053_1505751.jpg

f0228053_2103538.jpg

f0228053_2135870.jpg

リバティキャップ(Liberty Cap)

これは以前、先端から温泉が噴き出していたそうですが、沈殿物が溜まって噴出口をふさいでしまったという事です。



そして、宿泊先のキャニオンロッジに帰る途中、
f0228053_50353.jpg

エルクに遭遇!!
とっても立派な角をお持ちですね~^^




その日の夕方から夜にかけては、宿泊先のロッジから発着するバスツアー、ワイルドライフエクスカーションに参加。f0228053_595139.jpg

17:30出発の約4時間にわたるツアーで、園内北東部のラマーバレーという場所を巡り、たくさんの動物に遭遇するチャンスのあるツアーなのです。
←左のバス、屋根が開くようになってます。
残念ながら今回のツアーでは開く事はありませんでしたが、、


f0228053_5232345.jpg
じーっと座っているプロングホーンの群れに遭遇。

f0228053_5361410.jpg
バイソン横断中!
f0228053_5363060.jpg
f0228053_5364895.jpg


見事な虹の橋に、写真撮影058.gif
f0228053_5414212.jpg


夕暮時のプロングホーンの群れ。
f0228053_556349.jpg


最後になんとか、グリズリーベアの親子を遠目から見る事も出来ました035.gif
f0228053_5592174.jpg



明日は、ロウワーループの見所を巡ります。
[PR]

by jasne-ny | 2010-09-16 12:22 | -----イエローストーン