フィリップ ジョンソン「The Glass House」訪問   

f0228053_1153755.jpg
6月のある日、友人のリクエストで足を運んだのがここ「The Glass Huse」。
ニューヨーク、グラセン駅からメトロノースで1時間強、コネチカット州、ニューカナンという高級住宅地にその建築はあります。
f0228053_0411653.jpg

もちろん皆お初の場所だった為調べて行ったにもかかわらず、乗り継ぎをミスしてしまい15分程遅刻~(><) でも何とか無事ツアーには参加させて頂き、皆ホッ^^;


P ジョンソンはMoMAの建築部門を設立した事でも知られる、モダニズム建築の巨匠
このグラスハウスは、1949年 P ジョンソンが私邸として建てたもので、モダニズム住宅の最高峰のひとつと賞賛されてきたそうです。
f0228053_135496.jpg
ガラス板を鉄柱のみで支えるグラスハウス
f0228053_1293553.jpg右手にはプール、左手にはゲストハウス。f0228053_1324563.jpg
f0228053_6524476.jpg
部屋の内部。椅子はミースの「バルセロナチェア」
この広大な敷地は5万8000坪とも言われ、14の建物やアートが絶妙なバランスで配置されています。50年間かけて、自分の為に建てた家はまさにジョンソンの生涯の日記のようなもの。
2005年に98才の大往生を遂げたけれど、最後に息を引き取ったのもこのグラスハウスだったそうです。
f0228053_7183629.jpg
手前:人口の池に浮かぶパビリオン(1962年完成)
奥:池の脇に建つ高さ9mのタワー(1985年完成)
f0228053_1153854.jpg
手前:図書室(書斎が完成したのは1980年)
奥:ゴーストハウス(1984年完成)

f0228053_120490.jpg
地下に建てられた、絵画ギャラリー(1965年完成)
f0228053_13552178.jpg
たくさんの作品が巨大な回転式ホルダーのようなもので保管されています。

f0228053_141722100.jpg
彫刻ギャラリー(1970年完成)
ギリシャの小島にあるような白い階段に影響を受けたと言われているそう。
f0228053_14205592.jpg

f0228053_142995.jpg
野生の動物達にもお目にかかれます!


グラスハウスは、1986年にナショナルトラスト(史跡保護団体)へ寄贈され保存管理のもと、ジョンソン死去後に一般公開が始まったようです。
広大な敷地に建築物と自然がおもしろいように調和し、とても興味深い芸術作品のようでした。

見学をするには、事前の予約とツアー参加が必要となります。一般公開が始まった当初はなかなか予約が入らない程の人気だったとか。
今回は友人が予約をとってくれたおかげで、参加する事が出来ました!(ありがとう~^^)
ニューヨークから一時間ちょっとの小旅行、マンハッタンの喧騒からしばし離れて自然に囲まれた素敵な空間を満喫させて頂きました!


The Philip Johnson Glass House
[PR]

by jasne-ny | 2010-06-24 09:26 | NY観光

<< 「BABBO」で記念日ディナー 5月お料理教室~C's... >>